S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最新の記事
最新のコメント
カテゴリ
過去ログ
最新のトラックバック

【ルール】 振り逃げについて
今回はルールの話です。
先日の試合で終盤で同点。あらたーずの攻撃で2死1塁の場面で少し複雑なプレーがありました。
打者は空振り三振したのですが、相手捕手が投手の投球をポロっと落球。打者は反射的に1塁へ走り出しましたが、ランナーが1塁にいましたし、キャッチャーがノーバンの投球を落球しただけだったので、途中まで走ったところで振り逃げは成立しないと判断して立ち止まってしまいました。相手バッテリーも同様に三振で3アウトチェンジと判断して1塁には送球しませんでした。
私は振り逃げが成立することが分かっていたので、打者走者に1塁まで走るように指示し、結果として1塁はセーフとなりました。この時1塁ランナーだった走出さんはとりあえず2塁に一生懸命走ってくれてました。これでいいと思います。
さらに結果論を言えば、この直後にヒットが出てこれが決勝点になりました。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(0) |

【ルール】振り逃げとインフィールドフライ
「振り逃げとインフィールドフライ」についてです。
たまに試合中に認識がしっかりしていないためゴタゴタすることがあります。少し複雑ですが、草野球でも頻繁に起こるプレーですので、この機会に最低ラインとしてこの2つはしっかりと覚えておいてください。

なお、最も重要なことは審判をやっている人がしっかりと意識しておかないといけないということです。

特にインフィールドフライでは審判が大きな声で宣告することによって相手チームも含めて混乱が少なくなると思います。
こちらの審判が宣告しない場合にプレーに混乱が生じた場合はやはり相手に有利なように収めなければならないと思いますし、ルールをわかっていてプレーした選手がかわいそうです(特に相手側の選手)。
逆にこちらとしてはルールに準じてプレーを続行すればそれが最優先なわけですから、相手がどうであれ、まずはプレーを続行してすべてのプレーがいったん切れてから審判の判断を待つぐらいの積極さでいくようにしましょう。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(0) |

【ルール】犠打エラー
こんばんは あらたずです。ルールと言うよりも記録の話です。
犠牲バントや犠牲フライの時に相手の守備にエラーがあった場合はどのような記録になるかということで以前調べたことがありました。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(0) |

【ルール】同時はセーフ?
審判って難しいですね・・・いろんなルールや規則を知ってないといけないですし、その場に応じた対処も必要になってきます。大きな声で選手に伝わるようにアピールもしなければなりません。
なかなか全てをしっかりできるようにと言うのは難しいと思いますが、基本の部分だけでも押さえて相手チームに失礼のないようにしていきましょう。
今回は「同時はセーフなのか?」についてです。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(0) |

プロ野球を見ていて
ルール(と言うか記録)に関する話です。
昨夜のプロ野球で「どのように記録をつけたらよいか微妙(参考になる)なプレー」が2つと、「草野球にも通じる大事なプレー」が1つありました。
草野球ではイレギュラーなケースでどうやって記録したらいいか判断がつかないプレーがたくさん出てきます。プロ野球や高校野球でどのように記録されたかを参考にするのもひとつの手かと思います。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(1) |

セーフティバントは犠打?
久しぶりにルールの話です。
先日の試合で無死1・2塁からバントをしました。結構いいところに転がって1塁もセーフか?と自分では思ったのですが、運悪く送球が高く逸れたためタイミングがうやむやになってしまいました。タイミング的にはセーフっぽかっただけにちゃんと取ってくれていれば「内野安打だったんじゃないかな〜」と思った反面、もしバントがセーフティバントとみなされた場合は記録上は犠打ではなくてただの進塁打やエラーとなってしまうのではないかという疑問が湧きました(今回の私のバントはセーフティではなかったですが)。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(3) |

記録のつけ方について
ルールと言うよりは記録のつけ方で悩んでいるプレーがあります。もしご存知の方がいらっしゃいましたらご指導いただければと思います。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(0) |

【ルール】ストライクゾーン
草野球では参加者全員が球審を行うことが多いと思います。
見ていると個々にばらつきがあるようです。ばらつきがあるのはプロの審判にも言えることなのですが、とんでもないボールをストライクと言ったり、その逆のジャッジをしたりする人は気をつけなければいけません(もっとも自覚はないと思いますが・・・)。

あまりにおかしな判定は味方はもとより、相手チームに迷惑をかけることになります。また相対的に打率が低い打者は三振することも多いですし、審判をしたときの判定精度も低いように感じます。
ストライクゾーンをしっかりと身につけることは審判においても、打撃においても大事なことだと思いますので、一度しっかり確認しておく必要があると思います。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(0) |

ルールについて その1
試合中に起きた誤審やそのほかのミスなどを中心に、その都度再確認の意味で書いていきたいと思います。
D−MAXリーグも始まり、ミニ大会などでは第3者として審判を行うこともあります。誤審によってお互いが不快にならないように、野球の技術だけでなく、審判のスキルもあげていくように努力をお願いします。ルールを覚えることは野球の技術向上にもつながると思います。
続きを読む >>
by あらたーず代表 | ルールについて | comments(0) |

| 1/1PAGES |